〒673-0005 兵庫県明石市小久保1-13-12-102

JR西明石駅西口から徒歩6分 

お気軽にお問合せください

営業時間:9:00~18:00
定休日 :日曜日

お電話でのお問合せ・ご相談

078-945-6310

「仕事はしたい、でも、年金が止まるのでは」というご質問

〇 就労と障害年金についての質問

「少しでも働くと障害年金は停止するのでしょうか?」

 特に就労との関係が問題となることが多い精神障害について、障害認定基準では次のように定められています。

 日常生活能力等の判定に当たっては、身体的機能及び精神的機能を考慮の上、社会的な適応性の程度によって判断するように努める。また、現に仕事に従事している者については、労働に従事していることをもって、直ちに日常生活能力が向上したものと捉えず、その療養状況を考慮するとともに、仕事の種類、内容、就労状況、仕事場で受けている援助の内容、他の従業員との意思の疎通の状況等を十分に確認したうえで日常生活能力を判断すること。

 仕事の種類、労働時間などのその内容、仕事場での援助の内容が重要視されます。例えば、障害年金を収入の柱として、その不足分を埋めるような働き方は決して、「日常生活能力がある」とは言えないと思われます。そして。就労につきものの通勤手段、その内容などについても診査の対象ではあります。

 国も、発達障害者のための就労支援について、「発達障害者支援法」で、発達障害者の特性に応じた就労支援に努めるように、

 また、2018年4月から障害者雇用率の算定に精神障害者が含まれることになりました。国も、今まで、「発達障害という障害を持つ人たちを含め精神障害者に対し、雇用の道を広げようという支援」がされています。もちろん、がん患者や難病患者の就労についての支援も進んでいます。わたしは、これを100%の就労ではなくても、障害年金などの社会保障を利用して、人と関わり、自立した日常生活を手に入れてほしいという意識であると考えます。だから、大いに、社会保障を利用して、社会とつながりましょうと伝えたいのです。

 収入が多いと障害基礎年金が止まるケースがあります。

年金コード「6350」の20歳前障害の年金を受給している方

全額停止 (単身者の場合)所得金額(収入金額ではありませんでした)4,621,000円以上

 半額停止  (同上)    所得金額                3,604,000円以上

ちょっとした話
「障害者雇用促進法」を勉強した。発達障害と仕事の話です)
 

2016年4月改正の「障害者雇用促進法」に書かれてあること。

サービスについて

社労士に障害年金の申請を依頼するかどうか迷っているんですが、やはり、専門家に頼まないと障害年金は受け取れないのかな?

社会保険労務士に障害年金申請を依頼する場合のメリット・デメリット

 

」 どんなに事務処理が得意な人でも、初めする「手続き」は、不安や戸惑い、何度も確認しながら手続きを行うため時間もかかります。

 社会保険労務士は、障害年金申請の専門家です。何度も同じような傷病の手続きを行い、「どうすればいいのかという判断し、手続きを早急に行えます。障害年金には「診断書作成(現症の症状など記載内容について)から3か月以内提出」という決まり事を含め、手続きを早く行ったことで受給できる年金もその早く行った月分だけ多く受給できます。そこで、以下に、社労士に依頼することで得られるメリット・そしてデメリットをお伝えいたします。

①社労士に障害年金申請を依頼するメリット

 ・障害年金申請について傷病ごとに「どうすればいいのか」というノウハウを持っている。

 ・障害認定日で受給できる可能性(遡って年金が受け取れる)を最後まであきらめません。

 ・「病歴・就労状況等申立書」についても、医師の作成した診断書を補完し、過不足なく真実

  が伝わるように作成します。

 ・医師が作成した「診断書」や初診日の証明書の内容をチェックし、補正が必要なら、医師に

  補正依頼をかけます。

 ・障害年金申請という重圧から逃れ、専門家に依頼することの「安心感」が得られます。

 ・障害年金受給後の更新の手続きもアドバイス致します。

②社労士に障害年金申請を依頼するデメリット

 ・費用がかかる。(着手金・成功報酬)

  上記のデメリットは、今まで0だったものが年金額という「有」が生まれるのです。

  困ったときは、専門家に頼みましょう!

 

     私の場合を紹介いたします。

  〇障害年金申請 

    ①着手金 10,000円(税込み) ただし、この着手金には交通費、事務手数料を含む

    ②成功報酬 年金額の2か月分 

          13万円

          初回支払額の10%(過去のさかのぼった年金を受け取った場合)

              上記の金額のうち、一番高い金額(税込み)

          障害厚生年金(3級)の場合は、2か月分 

障害年金申請には医師が作成した現在の症状が書かれた診断書が必要です。

  精神疾患の患者さんに多い質問です。とりあえず、以前受診していた医師に、受診できなか

 ①確認すること 

 ・まず傷病名をお聞きします。そして、いつ頃、発病されたのか。医師に初めて受診した日   確認し、障害年金が申請できる国民年金保険料の納付記録かどうかを教えていただきます。

  障害年金の申請が可能かどうかを確認します。 

②現在の症状について(日常生活の困難さ)

  例えば、医師に作成依頼する診断書の項目に「適切な食事」が4段階に分けて、

   ①できる 

   ②自発的にできるが時には助言や指導が必要

   ③自発的かつ適正に行うことができないが助言や指導があればできる

   ④助言や指導をしてもできない若しくは行わない

  などと問われている。たいへんあいまいな判断を問われていますが、この「適切な食事」

  では「食事の準備や配ぜんも含めて栄養が偏らないようにほぼバランスよく摂れれば、「できる」になります。
  しかし、この「できる」という判定は、「単身生活で可能かどうかを問われてきます」

 

  仮に、「家族が用意してくれた食事を、声を掛けられながらどうにか摂る」という状態」や

  買いだめしているカップ麺を食べるのがやっと」という状態だと「できる」にはなりません。

 

 

 

 もし、ご相談者のご状況やご要望に合わせて、最適な料金プランをご提案いたします。
複数のプランで迷っている、プランの決め方が分からないといった方も、まずはお気軽にお問合せ・ご相談ください。

後から、追加の費用がかかることはありませんか?

掲載している費用以外はかかりません

当事務所は明朗会計をモットーにしているため、すべてパッケージ料金でご提供しています。ホームページに掲載している料金以外にかかることはございませんので、どうぞご安心ください。
もちろん、パッケージのサービスに加えて、追加のご要望があればお見積りをさせていただきますので、ぜひお気軽にお問合せください。

お問合せ・お申込みについて

お申込み前に色々と相談したいけど、どうしたらいいの?

無料相談をご予約ください

当事務所はお申込み前の方向けに初回相談を無料で行っております。
その初回相談で、ご相談者のお悩みや状況をお伺いし、今後どのように進めていくかご提案させていただきます。

費用はかかりますか?

障害年金の申請でなければ、相談は無料です。

当事務所は障害年金の申請を代理した場合、契約書を交わします。そして、お互いの意思確認をします。相談者が「障害年金の申請をあなたに任せます」。そして当事務所が「あきらめず、全力で、そして迅速に考えうる最良のサポートを致します」ということから始まります。

 障害年金受給はあくまでも、我慢に我慢を重ねて、ようやくたどり着いた「ゴール」ではなく、少しでも「安心した生活」を手に入れるための「スタート」です。そのお手伝いがしたいのです。 

どんな人が対応してくれるの?

当事務所は資格を持たないスタッフや経験が浅いスタッフが担当することはありません。

すべてのスタッフが資格を持っており、半年間みっちり研修をうけております。
そのため、ご相談者のお悩みや疑問をスピーディに解消できます。

お問合せ・ご相談はこちら(メール)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

078-945-6310

営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜日

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せはこちら

078-945-6310

■営業時間
9:00~18:00
■定休日
日曜日
営業エリア
神戸市・明石市を含む兵庫県内

アクセス

〒673-0005 兵庫県明石市小久保1-13-12-102
JR西明石駅西口から徒歩6分