〒673-0005 兵庫県明石市小久保1-13-12-102

JR西明石駅西口から徒歩6分 

お気軽にお問合せください

営業時間:9:00~18:00
定休日 :日曜日

お電話でのお問合せ・ご相談

078-945-6310
障害年金受給と扶養家族について

障害年金を受け取ると扶養家族から
はずれることになるのか?

本人が障害年金を受け取っている場合は、障害年金は非課税です

【参考】所得税の「障害者控除」と「特別障害者控除額」

■ 精神障害者福祉手帳を申請すれば、夫に税制面で何かメリットがあ
 りますか?(ご本人所得無し)という質問を受けました。

 精神障害者福祉手帳(2、3級)の交付を受けているのであれば、配偶者の所得から27万円住民税は26万円)が控除されます。
 配偶者にとっては、大きなメリットとなります。そして、精神障害者福祉手帳1級ならば75万円の控除がうけられます。

  このように、障害者手帳によって、所得税、市県民税の障害者控除を受けられますので、これを忘れずに確定申告で控除を受けるようにしましょう。

 

 控除には「障害者控除」と「特別障害者控除」があります。

 【障害者控除】

 1.身体障害者手帳3~6級を持っている方

 2.知的障害者と判定された方

 3.精神障害者福祉手帳2,3級を持っている方

 

 【特別障害者控除】

 1.身体障害者手帳1,2級を持っている方

 2.重度の知的障害者と判定された方

 3.精神障害者福祉手帳1級を持っている方

 

 【控除の金額】 

区分 控除額
障害者控除 27万円
特別障害者 40万円
特別障害者と同居 75万円

 

 

 また、障害者手帳を持っている方は「相続税」についても控除が受けられます。

 

障害年金を受けると、扶養家族から抜けなければならないのでしょうか?

 ■ 障害年金を受けると夫(あるいは妻)の扶養家族から外れて、自力で「健康保険料」などを払わなければならないのかと心配される方のために。年収基準は180万円未満であれば扶養から外れません。

  130万円                      180万円

■ 本人(障害年金受給者)から見て、夫、または妻(配偶者)が勤め人の場合、条件以下ですと、夫あるいは妻の「健康保険の被扶養者」と「国民年金の第3号被保険者」になることができます。この扶養家族になると、医療保険料や年金保険料を本人が支払う必要はありません。

 

 扶養家族になる条件の1つは、「年収基準」です。

 「年収基準」は60歳未満なら130万円未満です。しかし、障害年金を受けるようになると、この基準180万年未満になります。(60歳以上の人と同じ基準)

 

 健康保険と年金の扶養家族の年収は、今後1年間(実収入、つまり、障害年金も含まれます)

 つまり、障害年金だけで180万円未満であれば「扶養家族」です。

 もちろん、少し働いていて収入を得ていても、その合計額が180万円未満であるのなら「扶養家族」です。

お問合せ・ご相談はこちら(メール)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

078-945-6310

営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜日

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せはこちら

078-945-6310

■営業時間
9:00~18:00
■定休日
日曜日
営業エリア
神戸市・明石市を含む兵庫県内

アクセス

〒673-0005 兵庫県明石市小久保1-13-12-102
JR西明石駅西口から徒歩6分