〒673-0005 兵庫県明石市小久保1-13-12-102

JR西明石駅西口から徒歩6分 

お気軽にお問合せください

営業時間:9:00~18:00
定休日 :日曜日

お電話でのお問合せ・ご相談

078-945-6310

軽度知的障害(DQ60)で支給決定されました。

 特別支援学級在籍という教育歴がある場合は障害年金2級を検討すると日本年金機構は
言ってくれています。
 

■小中学校は「普通学級」在籍という教育歴は障害年金の認定基準に達しないのか?

 彼は、21歳です。小学校入学前に療育手帳を取得した。その時の数値は、DQ65だった。小学校も中学校も特別支援学級。高校は特別支援学校に進学した。つまり、「普通学級」の在籍歴はない。
 

 健常者と同等の教育を受けられないと判断されると、日常生活能力の評価が低くても、障害年金の認定相当でも「不支給」決定されることがある。
 

 しかし、障害年金の認定ガイドラインには、「特別支援教育、またはそれに相当する支援の教育歴がある場合は、2級の可能性を検討すると。わかりやすい認定ではある。多分、彼は、このガイドラインのおかげで障害年金が支給決定はされました。
 

 「境界知能」という表現があります。WICSという知能検査や神戸市などが実施している新版K式発達検査2001で、その指数が50~75という子供たち。特別支援学級ではなく、「普通学級」に在籍し、健常者と一緒に勉強したという教育歴のある子供たち。

 
「勉強についていけない」、「授業に集中できない」、「漢字を覚えるのが苦手」、「黒板の文字や数字が写せない」「計算が苦手」、「自尊感情が低い」、「いじめにあっていた」という小学校、中学校を通して「普通学級」に在籍した教育歴を持つ人たちは、「障害年金」の対象外と、線を引いてしまってもいいのでしょ
か?



 

▶ 特別支援学級(神戸市)

(知的障害)

〇療育手帳がある場合

発達に遅れがあり、一般的な会話の内容を理解することや自分の意思を伝えることが困難であり、日常生活において頻繁に援助が必要である。

または、知的な発達の遅れは上記ほどではないが、日常生活や対人関係など、社会生活を送るために必要な力が著しく乏しい。

〇療育手帳がない場合

診断書又は心理検査結果報告書により全領域の発達指数(DQ)またはIQ(知能指数)の確認が必要。

 〇療育手帳はDQ(IQ)の数値が75以下であれば交付されるとい
 う現実があります。療育手帳が交付されれば、その子の環境に
 あった「特別支援学級」に在籍する場合も検討されるというこ
 と。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽度知的障害者が障害年金から「取り残された」、「忘れられた」存在にならないために

「普通学級」に在籍した軽度知的障害の人たち(大人になると忘れられてしまう人たち)

■ 一般的に知られている「知的障害はIQが70未満」という定義   

▶もちろん、特別支援学級在籍であれば、障害年金の対象です。

 しかし、若い人には、「これから」という将来があるため、全てが障害年金1級、2級が検討されるとは限りません。

 ところが、これが40代、50代になると、加齢に従い、「認知症」度がやはり健常者に比べ、その速度は速いと言われているため、障害年金の対象となりやすい。

 若い人の場合は、その生育歴、就労歴などを丁寧に拾いあげることが重要です。「取り残された」人達も、日常生活の困難さは一緒ですから。

 

 


確かに、彼は特別支援学級に在籍していましたが、他に診断書作成依頼時に
医師に伝えたこと

彼は、DQ(IQ)は60でした。やはり、知的障害DQ(IQ)が50を超えた場合は厳しい

〇成育歴や就労(就労支援継続事業B型作業所や障害者枠で雇用)を通じて、作業所の支援員の方に意見書を作成依 頼しました。

 ・認知機能の弱さ。(見たり、聞いたりする力が弱い,そして目標が立てられない)

 ・感情のコントロールができない。(気に入らないことがあると大声を出したり、気持ちが伝わらないと問題行
      動 を起こす。   

 ・融通が利かない。 (予想外のことに弱い。臨機応変な対応ができない。

 ・自分の問題点がわからない。(自身がありすぎる。あるいは無さすぎる) 

 ・対人スキルが乏しい。(人に相談したり、助けを求められない) 

▶仕事が続かない

 目的がない。対人スキルの乏しさ、そして不器用であることが原因で、言われた仕事がうまくできない。覚えられない。時間通りに仕事に行けない。このような問題で、発達障害や知的障害について十分な知識がない雇用主側から、しかられ、いやになったらすぐに辞めてしまう。(具体的な事例を書き留める)

▶彼は、発達の遅れや、知的な遅れについて「早期に発見」された人、今は、少し、社会保障に頼ってもいい。しかし、目的を作れる訓練を受けていると考えれば、『1年更新』の障害年金の支給も、若い人にとっては当然かもしれません。

 

 

 

 

 

普通学級在籍なら、その理由と成績表などは保管されていませんか?

お問合せ・ご相談はこちら(メール)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

078-945-6310

営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜日

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せはこちら

078-945-6310

■営業時間
9:00~18:00
■定休日
日曜日
営業エリア
神戸市・明石市を含む兵庫県内

アクセス

〒673-0005 兵庫県明石市小久保1-13-12-102
JR西明石駅西口から徒歩6分