〒673-0005 兵庫県明石市小久保1-13-12-102

JR西明石駅西口から徒歩6分 

お気軽にお問合せください

営業時間:9:00~18:00
定休日 :日曜日

お電話でのお問合せ・ご相談

078-945-6310

障害年金は診断書が9割
「支給決定」には理由があり、「不支給」には原因があります。

その診断書、実態と合っていますか?

g   障害年金は、「老齢年金」や「遺族年金」とは異なり、「診査」で認定される年金です。対象となる傷病は広範囲です。そして、もちろん、傷病によって認定されやすいもの、されにくいものがあります。

 

 最近は、特に、うつ病や発達障害など、精神の障害で障害年金の申請手続きが行われることが多く、また精神障害での傷病は障害年金申請する上で、困難なことが多いことから、ここでは主として、精神障害について説明いたします。

 

 障害年金は、書類審査です。その中でも、医師が作成する障害年金請求用診断書」は、最も重要な書類です。その書類に事実とは異なった記載があれば、その一点のみで、不支給になることもありますので、傷病ごとに医師にどのような診断書を依頼したらよいのかをお話いたします。

 患者からすると医師は何でも知っている人ですが、病気を治す人であって、書類(診断書)などを書きなれた人は多くはありません。障害年金を理解し、障害年金の請求手続きに必要な診断書は、障害の程度が具体的に判断できるように、適切な診断書が必要です。そのポイントを紹介いたします。

 そして、診断書を記載できる情報を医師が把握していない場合があります。診断書には、日常生活の支障や職場での状況など、病院などの外で起きている事柄について書かなければなりません。患者から具体的な情報を医師に伝えることが大切です。

 

また、診断書には傷病ごとに診断書(8種類)が異なります。必ず確認が必要です。

 

精神障害(知的・発達障害などの)の診断書

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

 知的障害で障害基礎年金の申請手続を希望されている方、また、最近では、大人になって発達障害と主治医に診断されるた方について療育手帳、身体障害者手帳所持者の方に、障害年金を受給することで、自立のお手伝いができればと思います。生活を安定させ、安心して自分の日常生活を手に入れてほしいのです。障害年金を受給できた。そして、「さあ、次」です。少しは休めます。

   しばらくは、「スタート」で切る準備ができます。

 

   しかし、そこまで行くには、医師が作成する診断書がポイントとなります。発達障害などは、知的障害とは違い数字に表れるものはありません。精神障害の診断書は、作成する医師の主観が入ることがあり、「日常生活の困難さ」が医師に伝わっていないことも多くあり、その困難さをどのように伝え、適切な診断書の作成を依頼したいものです。

精神障害(知的・発達障害などの)の診断書

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

 知的障害で障害基礎年金の申請手続を希望されている方、また、最近では、大人になって発達障害と主治医にs診断されるた方について療育手帳、身体障害者手帳所持者の方に、障害年金を受給することで、自立のお手伝いができればと思います。生活を安定させ、安心して自分の日常生活を手に入れてほしいのです。障害年金を受給できた。そして、「さあ、次」です。少しは休めます。「スタート」で切る準備をしてください。

   しかし、そこまで行くには、医師が作成する診断書がポイントとなります。発達障害などは、知的障害とは違い数字に表れるものはありません。精神障害の診断書は、作成する医師の主観が入ることがあり、「日常生活の困難さ」が医師に伝わっていないことも多くあり、その困難さをどのように伝え、適切な診断書の作成を依頼したいものです。

肢体の障害者についての診断書

 「肢体の障害用」の診断書が用いられる傷病についてお伝えいたします。

 相談事例として、「脳血管障害」が多く、傷病名は、脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血などです。

 

 これらの脳血管障害では、ぞれの後遺障害に合わせた診断書を使用いたします。

 また、肢体の診断書については、「症状固定」と医師が判断する場合があり、6か月の症状固定で障害年金の申請をする場合もあります。 

 

 加えて、「日常生活における動作」については、医師の主観が働きます。このような点について説明いたします。

悪性新生物(がん)の診断書

 

 

少し古いデータとなりますが、2013年において、がん罹患者のうち20歳から64歳の割合は29.7%です。つまり、3分の1が就労可能年齢でのり患であることがわかります。

 そして、治療技術の進歩により、「不治の病」から「長く付き合う病気」へと変化してきました。 

 しかし、がんにり患すると、身体gaurく健康的な同僚と同じように働けない、治療のための通院時間を確保しなければならないなど、仕事することに大きなs支障となる問題が生じ、34.6%が依願退職をしたりかいこされたり、経済面での厳しい現実があります。

 2015年12月に、国によって「がん対策加速化プラン」が策定され、「がん患者倮の仕事と治療の両立を支援する」というガイドラインが策定されました。

 確かに、国が旗を振って「仕事と治療の両立」を掲げても、会社側も、治療のために休みがちな人を同じ労働条件で雇い続けることは「負担」ですし、患者側も、周りに対して、仕事を休むことへの心理的な負担も大きいと思われます。がん患者の就労に対する障壁をのぞくには、会社側の理解とともに、患者側への「経済面での補完」が必要です。治療は生命保険で帯萎えても、通常の生活費は必要です。経済的な補完を障害年金の活用は必然だと思います。

 

お問合せ・ご相談はこちら(メール)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

078-945-6310

営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜日

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せはこちら

078-945-6310

■営業時間
9:00~18:00
■定休日
日曜日
営業エリア
神戸市・明石市を含む兵庫県内

アクセス

〒673-0005 兵庫県明石市小久保1-13-12-102
JR西明石駅西口から徒歩6分