〒673-0005 兵庫県明石市小久保1-13-12-102

JR西明石駅西口から徒歩6分 

お気軽にお問合せください

営業時間:9:00~18:00
定休日 :日曜日

お電話でのお問合せ・ご相談

078-945-6310

障害年金を受けながらはたらく!!

職場の貴重な戦力にはなれます。
障がいのある人が輝いている会社って「いい会社」というイメージですよね。

障がいを持ちながらはたらける社会であってほしい 

働くことで得られる幸せってあります。

障害者雇用促進法という法律が見なおされ、
障がいを持つ方の働く上での環境はよくなりましたが・・・・。

新型コロナウイルス感染で、障がいを持つ方も働き方を変える必要があるのかもしれません。
障害福祉サービス事業所の評価の改定(2021年度)

就労移行支援。就労定着支援事業所は、福祉サービスの評価が改められました。(2021年度)

□ 就労移行支援、就労定着支援事業所などの質の向上を
  ① 障がいを持つ方の一般就労への高い移行実績を実現した作業所に高評価を。
  ② 就職後6か月以上の定着実績を評価

  障害者手帳等を持っている障がい者であれば、だれでも働けます(利用できます)ということではなくなっ
 た。
 

障害者雇用などについての一般企業のあり方

□ 国は、事業所に対して障がいを持つ人を雇い入れるための法
 律以上の努力を求めています。

   国が決めた以上に障がいを持つ人を配慮してくれる企業(事
 業所)には、国は支援しますというように方針に変わってきた
 ようです。つまり、障がいを持つ方への「配慮」や「差別的待
 遇の禁止」などは当然行われなければならないこと。それ以上
 のことを事業所として障がいを持つ人におこなってください。

  しかし、「無理しなくて胃もいいから」と配慮されすぎたこ
 とから、ハナから期待されいないと」と障がいを持つ方が落胆
 して退職してしまったという事例もあります。

  そうすば、国として支援しますという考え方です。(2021年
 助成金について)

 企業は、消費者を見ています。企業イメージを大切にします。
    

□ 障がいを持つ方もにも国は努力を求めます。

  めざした仕事の内容と同じ仕事につけることは理想です。しかし、好きな仕事につけて、その仕事を続けるこ
 とは理想です。めざした仕事とは別の仕事についたとしても、ずっと、あきらめ感やガマンがつづくのでしょう
 か?
  決してそんなことはないはずです。仕事が人を作ることもあります。ご自身の特性(障がい)に合った仕事
 に就くことも必要かもしれません。それは、健常者も同じです。

  社会で必要とされたい。
  長く勤めたい。
  もっと、もっと、幸せになりたい。(向上心)
   
   
   たくさんの人に応援してもらっていいのです。助けてもらっていいのです。できないことはできないので
  す。仕事に特性(障がい)を合わせることも必要かもしれません。それで、「希望」が生まれれ
 ば、生きのびれます。
   
  
  そのためには、現状は、身体障害者手帳や精神障害者保健福祉手帳、療育手帳を申請することが必要になって
  います。(あるいは「医師の意見書(診断書)」)

自宅でしごとをする。

仕事を辞めないようにするには

まずは週15時間から20時間をめざしましょう!!

□ 発達障害を持つ方の事例

 ○コロナ禍で在宅ワークに移行した方のことです。
  
  いわゆるADHD(多動性・不注意障害)の方については、職
 場で仕事を先のばししたり、集中力が不足することから、いく
 ら画像を通して在宅で仕事をしていても生産性は低くなるよう
 です。
  しかし、ASD(自閉スペクトラム症)などの特性を持つ方
 は、職場環境のストレスから解放されたことで、生産性は高ま
 るかもしれません。

ひとりのできる社員になれるはずです。

お問合せ・ご相談はこちら(メール)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

078-945-6310

営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜日

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せはこちら

078-945-6310

■営業時間
9:00~18:00
■定休日
日曜日
営業エリア
神戸市・明石市を含む兵庫県内

アクセス

〒673-0005 兵庫県明石市小久保1-13-12-102
JR西明石駅西口から徒歩6分