〒673-0005 兵庫県明石市小久保1-13-12-102

JR西明石駅西口から徒歩6分 

お気軽にお問合せください

営業時間:9:00~18:00
定休日 :日曜日

お電話でのお問合せ・ご相談

078-945-6310

アルコール依存症と知的障害


■ 障害基礎年金2級 知的障害 (事後重症)  

  彼は、アルコール依存症だった。そして、知的障害が
 あるとの当時の主治医から指摘を受けていた。しかし、
 
就労中に覚えた飲酒は、一度飲みだすと、とにかくお酒
 
が止まらず、お金が無くても、人なっこい性格で、
 知らない人からお酒をもらって 飲んでしまう。そし
 て、飲んでしまうと、どこかへ消える。やっと、アルコ
 ール依存症専門病院に入院できても、「病院は意地悪す
 る人が多いから」と無断で病院を抜け出す。

  これまで、「悪さ」は無い。親族(父親や妹)が面倒
 を見てきた。しかし、父親も高齢、妹に経済的な援
 助は困難である。 生活能力をなくしてし、アルコール
 依存症の彼に仕事は無い。

  

  彼の場合、機関に入院中はアルコールは断てる。しかし、真
 の意味で「アルコールに依存しない生活を手に入れるまでに回
 復するには長い時間が必要である。父親が健在であれば、生活
 程度は可能であるが、その後の将来は不  安だけである。当
 初は「アルコール依存症」で障害年金申請との相談であっ 
 た。    


  ■ 「アルコール依存症」での初診日は特定できました。

  平成25年1月に「アルコール依存症」で入院。これが「初診日」         だ った。しかし、前1年間の国民年金の記録は「未納」、もう一         つ  の要件である「3分の2」以上の保険料納付や免除などの手
   続き がされている期間が少なかった。つまり、障害年金の手続き
     要件が満たされていなかった。

 ■ 彼の幼さやつたなさは生まれつき。(療育手帳の交
      付受けていれば、障害年金の「納付要件」は満たさなくてもよい)

 

     医師は、「知的障害」を疑うと指摘した。しかし、彼の教育歴には、「特別支援学級」などに
       在籍したことはなかった。30年以上前のこと。「特別支援学級」に在籍することを父母が嫌ったの
      かもしれない。確かに、成績は悪かったという。その成績表はどこにいったのやら。(母親はすで
      に死亡し、転居も経験しているため)

  早速、親族や本人と話し合い、「療育手帳」の申請を行う。「療育手帳」があれば、先天性の
    障害であることが認識され、
国民年金保険料の未納があっても、障害年金の申請は可能である。

  (しかし、この療育手帳の申請(市区町村の健康福祉課等)を、神戸市の場合は6か月待ちだ
     っ
た。)

 

 ■ 療育手帳B2の交付を受ける

  発達指数(DQ)は49 、社会性(人のコミュニケーションがとれる)があるとの判定。総
 合評価で「療育手帳B2」となる。
 

 

■ 手続き

 ① 障害年金の「診断書」には「知的障害」と「アルコール依
  存症」の併記を医師に依頼

 ② 知的障害とその他の精神疾患を併記された場合は、「併記
  さ要。」

 (その初診日が障害年金申請用の診断書作成医療機関であれ
 ば、「受診状況等証明書」は不要) 

 

 ■ 日常生活の不自由について診断書作成依を依頼した医師に、その要旨を作成

 ① 日常生活についての適切な習慣(入浴、洗面など)は、適切には身についていないこと 

    ② 行動が衝動的であることなど

 ■ 教育歴

 ① 「特別支援学級」に在籍していない場合はその理由 

  (父母が世間体を気にして通常学級に在籍)  

 ② 不登校が多かった(集団活動が苦手)

 ③ もちろん、学業成績について

 ■ 就労について

  一般的な意味での、「労働能力」の無さを強調

  

  

お問合せ・ご相談はこちら(メール)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

078-945-6310

営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜日

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せはこちら

078-945-6310

■営業時間
9:00~18:00
■定休日
日曜日
営業エリア
神戸市・明石市を含む兵庫県内

アクセス

〒673-0005 兵庫県明石市小久保1-13-12-102
JR西明石駅西口から徒歩6分